屛風をひらくとき

奥平俊六 著

京都の狩野派は濃い。日本の絵はなぜ装飾性の方向に傾くのか、屏風や扇という日本絵画のフォーマットはなぜ折れ曲がるか、琳派はなぜ琳派というのか。展覧会のカタログに書いたものを中心に収め、そのあいまに芸術書の紹介を入れた日本絵画史の入門編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 屏風をひらくとき
  • 宗達の顔
  • 目の愉楽
  • 寛永時代の雪舟気分
  • 美人画と肖像画
  • 洛中洛外図の魅力-主題の生命
  • 都市の実感
  • 「河内越」の女、その後
  • 酔うこと
  • 彦根屏風とともに
  • 二人の山雪-荒磯のテラスと桃源郷
  • 扇絵-折りたたみ持ち運ぶ絵画
  • 山雪の受難、SPそて「雪汀水禽図」の両想
  • カブキモノと阿国歌舞伎の図像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 屛風をひらくとき
著作者等 奥平 俊六
書名ヨミ ビョウブ オ ヒラク トキ : ドコカラ デモ ヨメル ニホン カイガシ ニュウモン
書名別名 どこからでも読める日本絵画史入門
シリーズ名 阪大リーブル 45
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2014.3
ページ数 303p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87259-427-0
NCID BB15292035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22508842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想