異貌の古事記

斎藤英喜 著

近代において、神話はふたたび創造された。あらたな神話創造を実践した本居宣長、西洋の知を取り込み神話を解体・再創造した平田篤胤、近代国家に回収され得ない「霊」の世界を想ったラフカディオ・ハーン、そして、近代の枠組みからこぼれおちた人びとの神話世界をもとめた折口信夫。近代『古事記』解釈の歴史にかつてない軌条をしく、画期の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『古事記伝』の可能性を探る
  • 第2章 平田篤胤、近世神話のラディカリズム
  • 第3章 「幽世の大神」をもとめて
  • 第4章 オホクニヌシの明治維新
  • 第5章 ラフカディオ・ハーンの『古事記』
  • 第6章 神話学者にして神話作家、折口信夫

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異貌の古事記
著作者等 斎藤 英喜
書名ヨミ イボウ ノ コジキ : アタラシイ シンワ ガ ウマレル トキ
書名別名 あたらしい神話が生まれるとき

Ibo no kojiki
シリーズ名 古事記
出版元 青土社
刊行年月 2014.4
ページ数 271,3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6749-6
NCID BB1547818X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22400370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想