この世界の成り立ちについて

月本昭男 著

はじまりに置かれた「大洪水」の説話とは何だったのか、死と、人々はどのように向き合ってきたのか、一神教の発生に隠された秘密とは何か、"信"が、社会において果たしてきた役割とは何か…。太古の創成神話の回廊をめぐり、豊饒な物語とイメージの地層から、生と死、時間と空間、個と社会-コスモス生成に隠された秘密を掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コスモス創成
  • 第1章 大洪水から
  • 第2章 死と向き合って
  • 第3章 他者に
  • 第4章 自然の呻き
  • 第5章 天罰という思想と、それへの反乱
  • 第6章 旧約聖書と子供
  • 第7章 古代オリエントを掘る
  • 終章 一三歳の君へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この世界の成り立ちについて
著作者等 月本 昭男
書名ヨミ コノ セカイ ノ ナリタチ ニ ツイテ : タイコ ノ モンジョ オ ヨム
書名別名 太古の文書を読む

Kono sekai no naritachi ni tsuite
出版元 ぷねうま舎
刊行年月 2014.3
ページ数 216p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-906791-28-6
NCID BB15207772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22390513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想