特集 「個性」の質的研究 : 質的心理学研究 : 個をとらえる、個をくらべる、個とかかわる  第13号

日本質的心理学会『質的心理学研究』編集委員会【編】

[目次]

  • 特集 「個性」の質的研究-個をとらえる、個をくらべる、個とかかわる(頻回転職の意味の再検討-13回の転職を経たある男性の語りの分析を通して
  • 2つの民族的背景を持つ人々の両背景を統合したアイデンティティ
  • 専門職大学院ビジネススクール院生視点の授業満足基準が示唆する「開放型学習モデル」生成の試み-成人学習理論からの検討
  • 「聖域」としての個人-日本人キリスト教徒は日本社会の「宗教」ディスコースにどうポジショニングするのか)
  • 一般論文(認知症高齢者はどのように同じ話を繰り返すのか-ループする物語の事例研究
  • 生の経験をどう語るか-森有正再考
  • 子どもの「非行」と向き合う親たちの語りの拡がり-セルフヘルプ・グループにおけるオルタナティヴ・ストーリーの生成に注目して
  • 教師のリヴォイシングにおける即興的思考-話し合いに対する信念に着目した授業談話とインタビューにおける語りの検討
  • 小学校中学校の国際児は現地校・補習校の宿題をどのように遂行しているのか
  • 知的障がい者のきょうだいが体験するライフコース選択のプロセス-青年期のきょうだいが辿る多様な径路と、選択における迷いに着目して
  • 中学校英語授業における生徒の「つぶやき」の特徴
  • 伝統芸能の教授関係から捉える実践を通した専門的技能の伝承-京舞篠塚流における稽古での「こだわり」に焦点を当てて
  • 介護家族の意思決定のプロセス-意思確認困難な高齢者への胃瘻造設)
  • BOOK REVIEW-書評特集 事例研究再考(親の経験の底力に触れる(鷹田佳典(著)『小児がんを生きる-親が子どもの病いを生きる経験の軌跡』)
  • 個別の事例から共通の法則を導くために(A.ジョージ・A.ベネット(著)、泉川泰博(訳)『社会科学のケース・スタディ-理論形成のための定性的手法』)
  • マンガと事例研究(佐藤秀峰(著)『ブラックジャックによろしく』(1〜13巻)、佐藤秀峰(原作)・神前格(解説)・講談社ホスピタル・クライシス研究チーム(構成)『ブラックジャックによろしく 公式ガイドブック-ホスピタル・クライシス衝撃の事実』) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 「個性」の質的研究 : 質的心理学研究 : 個をとらえる、個をくらべる、個とかかわる
著作者等 佐藤 達哉
南 博文
山田 洋子
日本質的心理学会「質的心理学研究」編集委員会
無藤 隆
麻生 武
日本質的心理学会『質的心理学研究』編集委員会
書名ヨミ トクシュウコセイノシツテキケンキュウ : シツテキシンリガクケンキュウ : コヲトラエルコヲクラベルコトカカワル : 13
巻冊次 第13号
出版元 日本質的心理学会;新曜社
刊行年月 2014.3.20
ページ数 278p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7885-1379-2
NCID BA56853384
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想