鄙への想い

田中優子 著

「鄙」とは、「都市部」から離れた「いなか」のこと。「鄙」と「都」の構図から見えてくるものとは?江戸の価値観を通して、現代社会が抱える矛盾に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鄙から見た都とはどんなものだったのか(人間は死者の想いとつながって生きている
  • あらかじめ位置づけされた犠牲の地 ほか)
  • 第2章 グローバル化は人を幸せにするのか(生命の次元ではすべてが連環している
  • 地域を超えた地域同士のつながり ほか)
  • 第3章 富と権力が都に集中し鄙は見捨てられるのか(鄙は日本の矛盾が集中する場所
  • 病や放射能汚染は差別を生み出す ほか)
  • 第4章 循環社会のノウハウは江戸学にある(自然との出合いで始まった女性解放運動
  • 現在の鄙は金儲けの場を目指している ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鄙への想い
著作者等 田中 優子
石山 貴美子
書名ヨミ ヒナ エノ オモイ : ニホン ノ ゲンフウケイ ソノ ナリタチ ト ユクスエ
書名別名 日本の原風景、そのなりたちと行く末

Hina eno omoi
出版元 清流
刊行年月 2014.3
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86029-414-4
NCID BB15483022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22387087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想