物数寄考

松原知生 著

川端康成、小林秀雄、青柳瑞穂、安東次男、つげ義春、杉本博司-古物に憑かれし者たちの悶々。古美術愛好の本質を超越的な断言や印象批評的な情語ではなく一箇の感性論として語る、気鋭の美術史家による意欲的な一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生死の往還(死のメディウム、メディウムの死-川端康成と古美術
  • 物質(化)への情熱-小林秀雄と骨董)
  • 第2部 真贋の此岸(共振する両義性-青柳瑞穂と骨董
  • 「おもしろいもの」の誘惑-青柳瑞穂と新佐野乾山事件
  • 骨董とその影-青柳瑞穂における偽物の潜在性)
  • 第3部 虚実の反転(残欠のフェティシズム-安東次男と陶片・疵物愛好
  • 「往生際」のトポグラフィー-つげ義春と古物)
  • 結論に代えて(終章、あるいは杉本博司のアナクロニズム序説)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物数寄考
著作者等 松原 知生
書名ヨミ モノズキコウ : コットウ ト カットウ
書名別名 骨董と葛藤

Monozukiko
出版元 平凡社
刊行年月 2014.3
ページ数 375p 図版16p
大きさ 22cm
付随資料 鼎談 アートの起源 杉本博司(28p 19cm)
ISBN 978-4-582-26808-9
NCID BB15207116
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22465128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想