宗教的共生と科学

宮本久雄 編

科学文明の只中で。科学と宗教、科学と自然との共生や衝突に関わる問いに、熱く応えようとする珠玉の論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「最終的な問い」をめぐる科学とキリスト教
  • 第2章 共生の哲学
  • 第3章 ダライ・ラマ十四世における科学と宗教
  • 第4章 "宗教的共生"と"科学的世界像"-西田幾多郎の場所論的思索からの照射
  • 第5章 宗教的共生における脱原発の位置づけ-自然・人間・原子力
  • 第6章 科学技術の利用の倫理的限界と宗教の視点-福島原発災害後の宗教界の脱原発への訴え
  • 第7章 核エネルギー使用についての哲学的・神学的考察-高木仁三郎の思想、及び二〇世紀の西洋哲学に依って
  • 第8章 和解の奉献文における公共性
  • 第9章 エリクソンの人間形成論と宗教的共生-"私"という感覚と超越的アイデンティティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教的共生と科学
著作者等 宮本 久雄
書名ヨミ シュウキョウテキ キョウセイ ト カガク
シリーズ名 上智大学神学部教科書シリーズ 4
出版元 教友社
刊行年月 2014.2
ページ数 258p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-902211-98-6
NCID BB15190090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22475071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想