彦根城、松本城、犬山城を世界遺産に

五十嵐敬喜, 岩槻邦男, 西村幸夫, 松浦晃一郎 編著

[目次]

  • 第1章 日本の城考(城と天守の歴史・様式・技術-国宝四城を世界遺産に
  • 日本の城-廃城令から世界遺産まで)
  • 第2章 座談会「世界に類のない巨大建築はなぜ建てられ、残されたのか-彦根城、松本城、犬山城の世界遺産登録に向けて」
  • 第3章 城の歴史と国宝三城(叙事詩の如く-巨大で美しい建築の歴史
  • 西国をにらむ天下普請の城-彦根城の築城
  • 平城で五重六階をもつ唯一の天守-松本城の歴史と保存
  • 三度の戦いを生き抜いた城-犬山城の歴史と保存)
  • 第4章 総論・世界遺産登録へ向けて-日本の近世城郭の「顕著で普遍的な価値」とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 彦根城、松本城、犬山城を世界遺産に
著作者等 五十嵐 敬喜
岩槻 邦男
松浦 晃一郎
西村 幸夫
書名ヨミ ヒコネジョウ マツモトジョウ イヌヤマジョウ オ セカイ イサン ニ : ニホン ノ シロ サイハッケン
書名別名 日本の城・再発見
出版元 ブックエンド
刊行年月 2014.3
ページ数 166p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-907083-10-6
NCID BB15096864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22479810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想