パーキンソン病に対する標準的理学療法介入

松尾善美 編集

[目次]

  • 実践編(認知負荷を含む動作・運動分析の手順とクリニカル・リーズニング-歩行障害を中心に
  • 関節可動域、姿勢矯正はどうすれば効果があがるか?
  • 筋力増強運動は必要か?
  • 全身持久力に対するアプローチはこうする ほか)
  • 理論編(パーキンソン病における標準的介入構築の必要性
  • パーキンソン病の医学的治療パラダイム
  • パーキンソン病の運動障害-運動障害を理解する
  • パーキンソン病の理学療法評価 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パーキンソン病に対する標準的理学療法介入
著作者等 松尾 善美
書名ヨミ パーキンソンビョウ ニ タイスル ヒョウジュンテキ リガク リョウホウ カイニュウ : ナニ オ カンガエ ドウ ススメルカ
書名別名 何を考え,どう進めるか?
出版元 文光堂
刊行年月 2014.1
ページ数 308p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8306-4502-0
NCID BB14781477
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22397393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想