文化の「発見」

吉田憲司 著

本書で試みられたのは、ミュージアムのたどってきた歴史を見つめ直し、そこにある問題点を明らかにすることで、次の時代のミュージアムのあり方を問い直すことだった。そのあり方には二つの選択肢がある。すでに価値の定まった「至宝」を人びとが拝みに来る神殿としての「テンプル」を目指すのか、あるいは人びとが集って未知なる物に出会い、そこから議論が始まっていく場所としての「フォーラム」を目指すのか。そしていまミュージアムは、ますますフォーラムとしての性格を色濃く帯びるようになってきている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「異文化」の発見-民族誌展示の系譜(初期(一六‐一七世紀)のコレクション-「珍品陳列室」あるいは「驚異の部屋」
  • 博物学の成立、博物館の誕生-一八世紀
  • 博物学が作り出した「野蛮人」像-一八世紀後半-一九世紀前半
  • 民族学博物館の時代-一九世紀後半
  • 二〇世紀の民族誌展示
  • 「アール・ネーグル」の発見と二〇世紀)
  • 第2章 近代日本における「自文化」と「異文化」の発見-「東博」と「民博」のコレクション(東博のたどった道
  • 民博への道
  • 近代史における東博と民博)
  • 第3章 「異文化」と「自文化」の出会い-「二〇世紀美術におけるプリミティヴィズム」展を考える(博物館と美術館の出会い
  • 「プリミティヴィズム」展をめぐる論争
  • 近代美術館と民族学博物館)
  • 第4章 民族誌展示の現在-「異文化」と「自文化」のはざまで(地球規模のモダニズム-美術館からの挑戦
  • 地球規模のモダニズム-博物館からの挑戦
  • 自らを問う-自省的展示の試み
  • 対話の実践-共同作業の試み
  • 自己の表象-「自文化」展示のための民族学博物館
  • 民族誌展示の可能性)
  • 終章 次代のミュージアムに向けて-ささやかな提言(フォーラムとしてのミュージアム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化の「発見」
著作者等 吉田 憲司
書名ヨミ ブンカ ノ ハッケン : キョウイ ノ ヘヤ カラ ヴァーチャル ミュージアム マデ
書名別名 驚異の部屋からヴァーチャル・ミュージアムまで

Bunka no hakken
シリーズ名 岩波人文書セレクション
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.1
ページ数 277p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028681-7
NCID BB14730432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22438057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想