クラシックの核心

片山杜秀 著

片山節が響き渡る9人の神髄。内外の近現代の作曲家から越境して、クラシックのまん真ん中へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 バッハ-精緻な平等という夢の担い手
  • 2 モーツァルト-寄る辺なき不安からの疾走
  • 3 ショパン-メロドラマと"遠距離思慕"
  • 4 ワーグナー-フォルクからの世界統合
  • 5 マーラー-童謡・音響・カオス
  • 6 フルトヴェングラー-ディオニュソスの加速と減速
  • 7 カラヤン-サウンドの覇権主義
  • 8 カルロス・クライバー-生動する無
  • 9 グレン・グールド-線の変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クラシックの核心
著作者等 片山 杜秀
書名ヨミ クラシック ノ カクシン : バッハ カラ グールド マデ
書名別名 The heart of the classical music

The heart of the classical music : バッハからグールドまで

Kurashikku no kakushin
出版元 河出書房新社
刊行年月 2014.3
ページ数 198p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-27478-2
NCID BB15449283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22385250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想