カタストロフィーの経済思想

後藤宣代, 広原盛明, 森岡孝二, 池田清, 中谷武雄, 藤岡惇 著

[目次]

  • 第1部 「三・一一」フクシマが突きつけるもの(「三・一一」フクシマの人類史的位置-住民の声と行動を通して考える
  • 災害カタストロフィーの復興理論-カトリーナ、チェルノブイリ、フクシマの比較分析を通して)
  • 第2部 カタストロフィーと学問の役割(原発暴走を許した政治経済システム
  • カタストロフィーから憲法による復興へ-「人間復興」と「持続可能な生活」のために
  • 「新しい知」のあり方を探る-経済学研究の観点から)
  • 第3部 未来への選択(軍事攻撃されると原発はどうなるか-「国内外で戦争ができる国」づくりとフクシマの行方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カタストロフィーの経済思想
著作者等 中谷 武雄
広原 盛明
後藤 宣代
森岡 孝二
池田 清
藤岡 惇
書名ヨミ カタストロフィー ノ ケイザイ シソウ : シンサイ ゲンパツ フクシマ
書名別名 震災・原発・フクシマ

Katasutorofi no keizai shiso
出版元 昭和堂
刊行年月 2014.3
ページ数 367p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8122-1406-0
NCID BB15224308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22386009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想