全線開通版線路のない時刻表

宮脇俊三 [著]

開通が待ち望まれた鉄道新線。国鉄の末期、完成間近になって工事中止となった新線への思い断ちがたく、著者は計画上の路線をたどり、すでに敷かれた路盤に立って、車窓から眺められたはずの風景や現地で出会った関係者との交流を描いた。本書は、第三セクターによる開業までの経緯と開通後の乗車記を加えた完全開通版。付録として著者の年譜も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 陰陽連絡新線の夢と現実-智頭線
  • 白き湖底の町にて-北越北線
  • 建設と廃線の谷間で-三陸縦貫線
  • 断層のある村で-樽見線
  • 落日と流刑の港町にて-宿毛線
  • 瀬戸大橋に鉄道が走る日
  • 青函トンネル紀行
  • 「三陸鉄道」奮闘す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 全線開通版線路のない時刻表
著作者等 宮脇 俊三
書名ヨミ ゼンセン カイツウバン センロ ノ ナイ ジコクヒョウ
書名別名 Zensen kaitsuban senro no nai jikokuhyo
シリーズ名 講談社学術文庫 2225
出版元 講談社
刊行年月 2014.3
ページ数 251p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292225-8
NCID BB15066998
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22383014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想