その物言い、バカ丸出しです

梶原しげる 著

メールやSNSの広がりもあり、タメ口と過剰敬語の二極化が進み、きちんとした言葉遣いができる人が少なくなっています。気づかないうちに使っているあなたの口ぐせ、相手を不快にさせてはいませんか?「バカ丸出しの話し方」をしている人は、人から軽く見られます。フリーアナウンサーの著者がラジオやテレビ、講演などで経験・見聞きしたバカだと思われる実例を多数紹介しながら、どうすれば軽い人ではなく、軽やかな人と見られるようになれるのか。「軽く見られない」話し方のコツをまとめました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「自分は何者なのか?」を知れば、軽く見られない(軽く見られる人、見られない人の違いは「リハーサル?」
  • リハーサルもしないで、ひたすら緊張するバカ ほか)
  • 第2章 「軽く見られる」人の振る舞いと口のきき方(スマホをぬいぐるみ代わりにする若者
  • 「いいね!」をほしがる人は軽く見られる ほか)
  • 第3章 考えないバカ・職場編(職場でも「よろしくお願い」するバカ
  • 「〜と思います」バカ ほか)
  • 第4章 考えないバカ・日常生活編(「自分の娘に"泡姫"と名付ける」バカ
  • 「指ワイパー使いのスマホ中毒」バカ ほか)
  • 第5章 軽く見られる人、卒業の技(「ら抜き言葉」をやめろ
  • 「逃げ表現」をやめろ-「かも好き」の増加 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 その物言い、バカ丸出しです
著作者等 梶原 茂
梶原 しげる
書名ヨミ ソノ モノイイ バカ マルダシ デス : カルク ミラレナイ ハナシカタ
書名別名 「軽く見られない」話し方

Sono monoi baka marudashi desu
シリーズ名 角川SSC新書 214
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2014.3
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-731636-2
NCID BB15462554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22384240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想