心ときめかす

四方田犬彦 著

心と五官に訴えかけ、自分の糧となってくれた愛しきもの-。宮沢賢治が奏でるチェロの音。心の赴くままに編まれた『枕草子』の美。ベルトルッチの描きだす故郷。日本語で書かれた韓国人作家の小説。イタリア統一運動の戦火をくぐり抜けた「メルクリウスの切手」。そして、雪の降り日に聞くバッハ…。特異の嗅覚とつきることない好奇心で発見しつづけてきた「心ときめかす」もの。その魅力と感動の源泉を明かした、珠玉のノスタルジック・エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 越境と心のありか
  • 2 いくつもの顔
  • 3 記憶とことば
  • 4 さかしまな悦び
  • 5 五官のみちびき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心ときめかす
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ ココロ トキメカス
書名別名 Kokoro tokimekasu
出版元 晶文社
刊行年月 1998.1
ページ数 283p
大きさ 20cm
ISBN 4794963394
NCID BA34377138
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98072297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想