南太平洋のサンゴ島を掘る

印東道子 著

サンゴ島の人びとと発掘する歓びを分かちあう。小さな島になぜ人は住みはじめたのか?発掘によって明らかになった意外な歴史を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 オセアニア考古学に魅せられて
  • 第2章 調査地の決定と調査準備
  • 第3章 ファイス島最初の考古学調査
  • 第4章 ファイス島の暮らし
  • 第5章 出土遺物による謎解き
  • 第6章 墓地を掘りに再びファイス島へ
  • 第7章 謎解きから見えたファイス島の先史文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南太平洋のサンゴ島を掘る
著作者等 印東 道子
関 雄二
白川 千尋
書名ヨミ ミナミタイヘイヨウ ノ サンゴトウ オ ホル : ジョセイ コウコガクシャ ノ ナゾトキ
書名別名 女性考古学者の謎解き

Minamitaiheiyo no sangoto o horu
シリーズ名 フィールドワーク選書 / 印東道子, 白川千尋, 関雄二 編 4
出版元 臨川書店
刊行年月 2014.2
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-653-04234-1
NCID BB15073745
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22380578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想