あいつの気持ちがわかるまで

石黒謙吾 著

[目次]

  • 見えないところで友人のことを良く言ってる人こそ信頼できる。
  • 寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。
  • ふたりがケンカしたとき、妥協する者は人格を高める。
  • 3人寄れば、無責任。
  • 人の心はパラシュートのようなものだ。開かなければ使えない。
  • 憎しみは、その心を持った者の上にはね返ってくる。
  • 人には、口がひとつなのに耳がふたつあるのはなぜか。それは、自分が話す倍、人の話を聞かなければならないからだ。
  • 愛する相手に借りがある。いつもそう感じている人こそ、本当に愛しているのです。
  • 他の者があなたから離れていくときに来てくれるのが友だち。
  • 自分の力ではどうにもならないことは、心配するな。〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あいつの気持ちがわかるまで
著作者等 石黒 謙吾
書名ヨミ アイツ ノ キモチ ガ ワカル マデ
出版元 宝島社
刊行年月 2014.3
ページ数 152p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8002-2247-3
全国書誌番号
22370206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想