黙示録

岡田温司 著

繰り返される数字の「七」、竜との戦い、輝く聖女と大淫婦-。禍々しくも強烈に惹きつける、謎めいた表象に溢れ返るテクスト「黙示録」。古代から現代に至る各種の芸術作品を参照しながら、歴史の結節点で繰り返し変奏されてきたその"終末"と"再生"イメージの系譜をたどり、この書が人間の想像力に与えてきた影響の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「七」という数字-『ヨハネの黙示録』から
  • 第2章 終末の源泉-聖書のなかの黙示をたどる
  • 第3章 変奏される神話-黙示録思想の展開
  • 第4章 女の出番-重なり合う聖女と淫婦
  • 第5章 「敵」としてのアンチキリスト-イメージの戦争
  • 第6章 カタストロフ-怪獣、核、そして騎士

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黙示録
著作者等 岡田 温司
書名ヨミ モクシロク : イメージ ノ ゲンセン
書名別名 イメージの源泉
シリーズ名 ヨハネの黙示録 1472
岩波新書 新赤版 1472
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.2
ページ数 266,7p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431472-1
NCID BB14859224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22381874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想