経済学は何をすべきか

岩井克人, 鶴光太郎, 小林慶一郎, 中神康議, 矢野誠, 大橋弘 著

世界金融危機、長期にわたるデフレ-。なぜこれらの問題を解決できないのか。市場に委ねることが危険なのか、経済学は適切な対策を提示できないのか?第一級の研究者たちが問題の本質に鋭く迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 経済学に罪あり(経済危機と経済学の責任
  • 新古典派経済学の資本主義観 ほか)
  • 2 日本の経済論争はなぜ不毛なのか(政策と経済学の不幸な関係
  • キーワードは「国民目線」 ほか)
  • 附論 資本生産性は倍増できる(極端に低い日本の資本生産性
  • 問題の所在 ほか)
  • 3 現代の金融危機と「市場の質理論」(「市場の質理論」と分析対象
  • 市場の質理論の歴史的検証 ほか)
  • 4 経済学にイノベーションを(経済学は追いつめられているのか
  • 経済学の「原則」をふりかえる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学は何をすべきか
著作者等 中神 康議
大橋 弘
小林 慶一郎
岩井 克人
矢野 誠
鶴 光太郎
書名ヨミ ケイザイガク ワ ナニ オ スベキカ
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2014.2
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-35593-7
NCID BB14814667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22368892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想