温暖化とエネルギー

茅陽一, 山地憲治, 秋元圭吾 著

本書は、温暖化にエネルギーの面からいかに対応していくかという問題を、国際・国内両方の立場から総合的に検討したものである。温暖化対策が政治経済と密接な関係を持ち、社会的な視点から総合的に検討することが必要であることを強く認識している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総合的視点からみた地球温暖化(地球温暖化問題の経緯とそれをめぐる政策的論議
  • 地球温暖化の原因と影響をめぐって
  • 2度目標は最適な目標か
  • 要因分解でみた二酸化炭素排出削減
  • 2度目標の実現可能性-2050年目標を分析する
  • 新しい現実的な目標の提案-2・5提案)
  • 第2部 わが国のエネルギー環境政策(わが国のエネルギー環境政策の変遷
  • 福島原子力事故後のエネルギー環境政策検討
  • 原子力のリスクにどう対処すべきか
  • 再生可能エネルギーの行方
  • エネルギー環境政策のフロンティア)
  • 第3部 地球温暖化対策の定量的な分析(持続可能な発展と地球温暖化対策
  • 長期的な温暖化緩和策評価
  • 国際衡平性からの排出削減の評価
  • 電源別コスト推計
  • エネルギー・温暖化政策の経済影響
  • 日本政府政策決定プロセスにおけるモデル分析の活用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 温暖化とエネルギー
著作者等 山地 憲治
秋元 圭吾
茅 陽一
書名ヨミ オンダンカ ト エネルギー
シリーズ名 エネルギーフォーラム新書 024
出版元 エネルギーフォーラム
刊行年月 2014.1
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-88555-428-5
NCID BB14925748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22384414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想