大西祝選集  2 (評論篇)

大西祝 [著] ; 小坂国継 編

本篇には、大西祝の代表的な批評的論稿を集成する。カントの批判主義を深く理解して継承した大西は、自主・独立の精神の確立と発揚なくして、学問・文化の真の発展はありえないと主張した。哲学、文芸、宗教、政治、社会等、事々万般に対する透徹した考察によって明治中期の学界・論壇を領導し、甚大な影響を与えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 和歌に宗教なし
  • 哲学一夕話第二編を読む
  • 批評論
  • 日本人は美術心に富める乎
  • 方今思想界の要務
  • 教育の目的
  • 徳育について一言
  • 道徳主義に就いて加藤博士に問う
  • 倫理学は哲学か将た科学か、元良勇次郎氏の論を評す
  • 詩歌論一斑〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大西祝選集
著作者等 大西 祝
小坂 国継
書名ヨミ オオニシ ハジメ センシュウ
書名別名 Onishi hajime senshu
シリーズ名 岩波文庫 38-113-2
巻冊次 2 (評論篇)
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.2
ページ数 554,4p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-381132-0
NCID BB14012290
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22379789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想