生きる力、絵本の力

柳田邦男 著

絵本はどのように人生を豊かにし、いのちを育む力を与えてくれるのか。読み手の年齢や状況によって受け取るものは異なり、人生経験を経るほど、深い意味を発見することができるというところに絵本の秘められた可能性がある。その可能性について、心の危機、人生の危機に直面した時、絵本によって生き直す力を取り戻した人々のエピソードに寄り添いながら語ろうと思う。本書が、心の乾いたこの時代に潤いの一滴をもたらすことを願って。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 絵本は人生のパンセ(悲しみから生まれる深い言葉
  • 心を豊かにする幼き日の思い出
  • 人が帰るべきやすらかな場とは ほか)
  • 2 大変な時代の子どもの心(大変な時代の子どもの心
  • 子どもは何が大事なことか感知している
  • 子どもが自分を見つめるとき ほか)
  • 3 自然はいのちの湧き出る現場(花や木と言葉を交わしていますか?
  • 木々の恵み、生きる力
  • ことしもやまにあきがきた… ほか)
  • 4 大人に絵本を語っていく私

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きる力、絵本の力
著作者等 柳田 邦男
書名ヨミ イキル チカラ エホン ノ チカラ
書名別名 Ikiru chikara ehon no chikara
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.1
ページ数 136p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-025946-0
NCID BB14756356
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22367678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想