自己注目と抑うつの社会心理学

坂本真士 著

本書は、抑うつを、自己に対する注目のしかた「自己注目」のやまいとしてとらえ、抑うつ的な自己注目の「始発」「作動」「持続」各段階のメカニズムを検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • セクション1 抑うつの理論(「抑うつ」への実証的アプローチ
  • 抑うつについて「自己注目」から説明する試み)
  • セクション2 3段階モデルに関する研究(自己注目の始発の段階
  • 自己注目の作動の段階
  • 自己注目の持続の段階)
  • セクション3 生活場面での応用に向けて(総括と3段階モデルからの示唆)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己注目と抑うつの社会心理学
著作者等 坂本 真士
書名ヨミ ジコ チュウモク ト ヨクウツ ノ シャカイ シンリガク
書名別名 Jiko chumoku to yokutsu no shakai shinrigaku
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1997.11
ページ数 214p
大きさ 22cm
ISBN 4130161040
NCID BA33639749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98067693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想