アフリカでケチを考えた : エチオピア・コンソの人びとと暮らし

篠原徹 著

気が付くと、そこは徹底した「ケチの原理」が支配する村だった。エチオピアの首都アジス・アベバから600kmほど離れた山の頂上に、要塞のような村がある。この村々に超過密状態で暮らす人々が、本書の主役コンソである。調査のため村に住み込んだ著者は、何のためらいもなく明るくケチを行う彼らに、日々翻弄され、悩み、時には戦い、しかし結果は決まって完敗。価値観の違いと意味を改めて考えさせてくれる、肉声のフィールド・ノート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アフリカへ
  • 第2章 コンソに行くまで
  • 第3章 コンソの社会と生活
  • 第4章 ケチとの闘い
  • 第5章 ケチの考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アフリカでケチを考えた : エチオピア・コンソの人びとと暮らし
著作者等 篠原 徹
書名ヨミ アフリカ デ ケチ オ カンガエタ : エチオピア コンソ ノ ヒトビト ト クラシ
書名別名 Afurika de kechi o kangaeta
シリーズ名 ちくまプリマーブックス 118
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.3
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4480042180
NCID BA35597570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99000205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想