死はなぜ進化したか : 人の死と生命科学

ウィリアム・R.クラーク 著 ; 岡田益吉 訳

死は、命の終わりでしかないのか?生命科学の最新の成果をもとに、身体、脳、細胞、DNAとさまざまなレベルに視野を広げ、死に隠された驚くべき意味を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 細胞の死
  • 2章 死のもう一つの顔
  • 3章 性、DNAの隔離、そして細胞の死
  • 4章 セックスから死へ-老化の不思議
  • 5章 細胞の上下関係-脳死とは何か
  • 6章 生命の深淵を覗く-ウイルス、胞子、生命の意味
  • 7章 終幕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死はなぜ進化したか : 人の死と生命科学
著作者等 Clark, William R
岡田 益吉
Clark William R.
クラーク ウィリアム・R.
書名ヨミ シ ワ ナゼ シンカシタカ : ヒト ノ シ ト セイメイ カガク
書名別名 Sex and the origins of death

Shi wa naze shinkashitaka
出版元 三田出版会
刊行年月 1997.12
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4895832163
全国書誌番号
98064941
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想