対話と知 : 談話の認知科学入門

茂呂雄二 編

本書では「対話」と「知」の二重の関係が問題にされる。「知的プロセスとしての対話」と「対話としての知」という、二重の視点で、私たちの言語と認知を問題化する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 談話の認知科学への招待
  • 1章 はたらきかけのやりとりとしての会話-特徴の束という形でみた「発話機能」
  • 2章 発話の型-教室談話のジャンル
  • 3章 間身体的関係のなかの対象
  • 4章 日本語の談話のリズム分析-「息の合った」会話を例に
  • 5章 社会文化的、歴史的営みとしての談話
  • 6章 語られる共同性-ライフストーリーをよむ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対話と知 : 談話の認知科学入門
著作者等 Szatrowski, Polly Ellen
熊谷 智子
當眞 千賀子
石井 宏典
茂呂 雄二
西阪 仰
高橋 秀明
書名ヨミ タイワ ト チ : ダンワ ノ ニンチ カガク ニュウモン
出版元 新曜社
刊行年月 1997.12
ページ数 224p
大きさ 21cm
ISBN 4788506289
NCID BA33947616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98064752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想