産科麻酔 : 問題点と臨床指針

Sanjay Datta 著 ; 青木正 監訳

46の産科症例を提示し、産科麻酔の様々な臨床的な問題点を中心に、全46章にわたって、ボストンのBrigham and Women's Hospital他の66人の気鋭の執筆陣がそれぞれの臨床指針を展開。最も新しい内容を豊富に盛り込んだ産科麻酔書の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 妊娠後期における心血管系ならびに呼吸器系の変化
  • 妊娠と硬膜外への薬物必要量
  • 妊産婦における誤嚥の危険
  • 産科における誤嚥
  • 分娩中の輸血
  • 帝王切開による分娩
  • 子宮胎盤循環
  • 硬膜外麻酔と分娩の進行
  • ハイリスク妊娠の胎児管理
  • 胎児心拍数モニタリング
  • 周産期薬理学〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 産科麻酔 : 問題点と臨床指針
著作者等 Datta, Sanjay
青木 正
書名ヨミ サンカ マスイ : モンダイテン ト リンショウ シシン
書名別名 Common problems in obstetric anesthesia. (2nd ed.)
出版元 真興交易医書出版部
刊行年月 1997.4
ページ数 429p
大きさ 27cm
ISBN 4880034452
NCID BA30169605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98062853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想