正倉院の歴史

橋本義彦 著

世界の至宝・正倉院宝物は、いかにして散逸することなく伝承されたのか。大きな役割を果してきた勅封制度の沿革を、文献や図版を用いて詳述する。宝物を類別して多数の写真を載せた優品解説、正倉院に関する随想を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 宝庫と宝物の歴史(宝庫の沿革
  • 三倉宝物の沿革
  • 宝物収納の現状 ほか)
  • 2 勅封制度の歴史(正倉院の開封記録
  • 正倉院宝物に関する一資料
  • 正倉院宝物千二百年-宝物の出入を中心に)
  • 3 正倉院の内と外(正倉院のダブルベッド
  • 背に七星を負う鼈合子
  • 十二支をデザインする正倉院宝物 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正倉院の歴史
著作者等 橋本 義彦
書名ヨミ ショウソウイン ノ レキシ
書名別名 Shosoin no rekishi
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1997.11
ページ数 279p
大きさ 20cm
ISBN 4642077391
NCID BA33034974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98062736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想