口唇論 : 記号と官能のトポス

松浦寿輝 著

自分自身でありながら絶えず自分ならざるものへの変容の渦中にある独身者。その唇に言葉は不意に訪れる。独身者は唇で書く。拡散的に揺れ続ける唇が湛える微笑み。言葉が、存在に訪れる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 唇から唇へ-序にかえて
  • 他者と化すナルシス-唇という反=器官
  • 独身者の肉体-開かれた複数性
  • 不眠のための断章群A-否定・外部
  • 記号の生成-詩はいかにして可能か
  • 不眠のための断章群B-欠語・不死
  • ゆるやかさの練習-疲労論
  • 口唇機械-窃視する独身者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 口唇論 : 記号と官能のトポス
著作者等 松浦 寿輝
書名ヨミ コウシンロン : キゴウ ト カンノウ ノ トポス
書名別名 Koshinron
出版元 青土社
刊行年月 1997.6
版表示 新装版.
ページ数 323p
大きさ 20cm
ISBN 4791755421
NCID BA31719596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98062526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想