無味礼讃

フランソワ・ジュリアン 著 ; 興膳宏, 小関武史 訳

『美味礼讃』のパロディか?『陰翳礼讃』のエコーか?無味のトポスこそ、中国のもろもろの芸術-絵画、音楽、あるいは詩がその飾り気のなさと暗示に満ちた豊かさによってあらわにしているものなのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 表徴の変化
  • 無味の風景
  • 無味‐恬淡
  • 中庸の意味
  • 社会のなかの無味
  • 性格の無味と平淡
  • 「遺音」と「遺味」
  • 静かな音楽
  • 音の無味
  • 無味の表徴の変化-文学をめぐって〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無味礼讃
著作者等 Jullien, François
小関 武史
興膳 宏
Jullien Francois
ジュリアン フランソワ
書名ヨミ ムミ ライサン : チュウゴク ト ヨーロッパ ノ テツガクテキ タイワ
書名別名 L'eloge de la fadeur

中国とヨーロッパの哲学的対話

Mumi raisan
出版元 平凡社
刊行年月 1997.9
ページ数 262p
大きさ 20cm
ISBN 458271904X
NCID BA33034464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98056304
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想