言語ゲームとしての宗教

星川啓慈 著

宗教に「本質」はない。主にウィトゲンシュタインの知見を踏まえ、宗教学・宗教哲学に新鮮な視点を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語と宗教
  • 第2章 日常言語と宗教言語の論理学的分析
  • 第3章 「私的言語」と「言語ゲーム」としての宗教
  • 第4章 言語ゲームとしての宗教と基礎づけ主義
  • 第5章 ウィトゲンシュタイニアン・フィデイズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語ゲームとしての宗教
著作者等 星川 啓慈
書名ヨミ ゲンゴ ゲーム ト シテノ シュウキョウ
書名別名 Religion as a system of language-games

Gengo gemu to shiteno shukyo
出版元 勁草書房
刊行年月 1997.11
ページ数 265, 16p
大きさ 20cm
ISBN 432615327X
NCID BA33245561
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98054017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想