音楽機械劇場

渡辺裕 著

ベートーヴェンも「機械」の申し子だった。トランペット吹き人形、自動ピアノなど「はずれもの」たちが語るもうひとつの音楽史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「トランペット吹き人形」の夢
  • 「楽器発明家」の見た楽器の世界
  • ピアノという「ハイテク楽器」-ベートーヴェンとピアノ(1)
  • ペダルをめぐる「ハード」と「ソフト」-ベートーヴェンとピアノ(2)
  • 「人間機械」の運命
  • バセット・クラリネットはなぜ消えたか?
  • 「技術」と「表現」のはざまで-ベートーヴェンとピアノの指使い
  • 楽譜のない世界を夢みた作曲家
  • 音楽の自動化と「女性解放」
  • 蓄音器のある風景-日本文化の近代化の中で〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽機械劇場
著作者等 渡辺 裕
書名ヨミ オンガク キカイ ゲキジョウ
書名別名 Ongaku kikai gekijo
出版元 新書館
刊行年月 1997.7
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4403230504
NCID BA32181623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98052319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想