記紀対照批判

岸一太 著

[目次]

  • 記紀對照批判
  • 目次
  • 序文 / 1
  • 古事記序文批判 / 1
  • 本論 / 16
  • (古-神代一)天地の初發の時 / 16
  • (日-神代上)天地開闢 / 20
  • (古-神代一)伊邪那岐、伊邪那美神 / 23
  • (古-神代二)多陀用幣琉國を修理固め成せ / 25
  • (日-神代上)底つ下に豈國なからんや / 27
  • (古-神代二)國土生み成さむ / 30
  • (同)大八島國 / 32
  • (日-神代上)洲國を產みなさまく / 33
  • (古-神代三)海山河野の神 / 38
  • (日-神代上)日の神 / 39
  • (古-神代三)伊邪那美命の神避 / 43
  • (日-神代上)伊弉冉尊終さります / 44
  • (古-神代四)黃泉國の物語 / 45
  • (日-神代上)大八洲國-火神-黃泉-祓除と神生 / 47
  • (古-神代四)三貴子に事依さす / 53
  • (日-神代上)月夜見尊、保食神を殺す / 56
  • (古-神代五)伊邪那岐神、須佐之男命を夜良比賜ふ / 57
  • (同)宇氣比して御子を詔分け給ふ / 58
  • (日-神代上)女子ならば心濁しとし給へ / 61
  • (同)汝心淨くば男子ならむ / 64
  • (古-神代六)天之石屋戶 / 67
  • (古-神代六)千位置戶と夜良比 / 69
  • (日-神代上)晝夜の相代るわきも知らず / 70
  • (同)天石窟-千座置戶-誓びと子生 / 72
  • (古-神代七)須佐之男命、大宜津毘賣を殺す / 77
  • (同)八俣遠呂智 / 77
  • (同)八雲立つ出雲八重垣 / 79
  • (日-神代上)素戔嗚尊の兒大己貴神 / 82
  • (古-神代七)須佐之男家七代と大己貴命 / 86
  • (古-神代八)稻羽の素莵 / 88
  • (同)八十神-八上毘賣-大國主神 / 90
  • (同)須勢理毘賣 / 91
  • (同)沼河毘賣 / 95
  • (古-神代九)須勢理毘賣の嫉妬 / 98
  • (同)大國主家十代 / 101
  • (古-神代十)少名毘古那神 / 102
  • (日-神代上)吾在らずんば何ぞ能く平けまし / 104
  • (古-神代十)大年神の系統 / 106
  • (古-神代十一)天忍穗耳命の知らさむ國-思兼神の神議-天菩卑能神-天若日子 / 107
  • (日-神代下)瓊瓊杵尊を葦原中國の王とせん-八十諸神に問ふ-天穗日命-天稚彥-經津主神と武甕槌神-國土奉獻-天孫降臨-鹿葦津姫-無戶室 / 112
  • (古-神代十二)建御雷神、天鳥船神遣はさる / 117
  • (日-神代下)天壤無窮-猿田彥神と天鈿女 / 119
  • (古-神代十二)建御名方神の降服-國土奉還 / 123
  • (古-神代十三)邇邇藝命天降りまさんとす / 125
  • (日-神代下)天忍穗耳命の天降り-虛天に瓊瓊杵尊生れます-木華開耶姫と磐長姫-無戶室 / 127
  • (古-神代十三)此の鏡は我が御魂として-日向の高千穗 / 132
  • (古-神代十四)天宇受賣と猿田彥神 / 135
  • (同)木花之佐久夜毘賣と石長毘賣-戶無き八尋殿 / 136
  • (日-神代下)四兒火より出でゝ名乘る / 138
  • (古-神代十五)海佐知、山佐知 / 142
  • (同)鵜葺草葺不合命 / 145
  • (日-神代下)海幸、山幸-鸕鶿草葺不合尊 / 146
  • (日-神代下)沖津鳥-明玉の / 153
  • (古-神代十五)赤玉は-沖つ鳥 / 156
  • (日-神代下)彥火火出見尊の風招ぎ / 157
  • (古-神代十五)百日臼杵不合命-伊波禮毘古命-兄王 / 159
  • (日-神代下)鸕鶿草葺不合尊-磐余彥尊-兄弟王 / 160

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 記紀対照批判
著作者等 岸 一太
書名ヨミ キキ タイショウ ヒハン
出版元 明道会
刊行年月 昭和8
ページ数 161p
大きさ 22cm
全国書誌番号
21485952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想