光とその影 決闘

木々高太郎 著木々高太郎 著

探偵小説芸術論を提唱して、探偵小説は、謎・論理的思索・謎の解決の三条件を具備しなければならず、その形式が完備しているほどすぐれた探偵小説であり、芸術小説である、と主張した著者の成果を示す長・短編の秀作を収録。長編『光とその影』は探偵役に外国人神父が登場、息詰まるようなサスペンスに溢れる。『決闘』『死固』等の九短編は、デビュー以来のおよその流れが分かるよう収録した。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光とその影 決闘
著作者等 木々 高太郎
書名ヨミ ヒカリ ト ソノ カゲ. ケットウ
シリーズ名 大衆文学館
出版元 講談社
刊行年月 1997.11
ページ数 586p
大きさ 16cm
ISBN 4062620987
NCID BA40204837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98043589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想