絨毯屋が飛んできた : トルコの社会誌

内藤正典 著

ギリシアにいちばん近いトルコの街、チェシュメ。トルコ国民であると同時にエーゲ海の民でもあるチェシュメの人たちは、どのような形で自分たちの文化を守りつづけているのか。この街で生活を共にし、トルコの社会を五感でとらえながら、文明の違いや住んでいる国の違いをこえて、平和に生きていくことはどうしたら実現できるのかを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 エーゲ海の泉(エーゲ海の泉
  • ガルガンチュアのバザール ほか)
  • 2 チェシュメの人びと(魚屋イスマイール
  • 無二の親友と犬猿の仲は紙一重
  • 水まきメフメット)
  • 3 夏が来て、夏が去る(首相のネクタイはヴェルサーチ
  • イスラームは、なぜ貧しい人たちを引きつけるのか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絨毯屋が飛んできた : トルコの社会誌
著作者等 内藤 正典
書名ヨミ ジュウタンヤ ガ トンデキタ : トルコ ノ シャカイシ
書名別名 Jutan'ya ga tondekita
シリーズ名 ちくまプリマーブックス 116
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.1
ページ数 200p
大きさ 19cm
ISBN 4480042164
NCID BA3414510X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98073088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想