自然の文化人類学

松井健 著

人間にとって「自然」とは?いま「自然」の意味を問う。ナツメヤシ・オアシスの世界、ドメスティケイションの起源、シュルレアリスムの絵画、ニュー・ネッシー騒動…人間と自然とのかかわりをあらゆる角度から照らしだす。新たな人類学への、意欲的な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文化人類学における一九二二年の問題
  • 第2章 人類学的「自然」
  • 第3章 ドメスティケイションの「自然」観
  • 第4章 自然と文化のカレードスコープ
  • 第5章 身体という回路
  • 第6章 コスモロジーの構築術
  • 第7章 想像的なもののリアリティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然の文化人類学
著作者等 松井 健
書名ヨミ シゼン ノ ブンカ ジンルイガク
書名別名 Shizen no bunka jinruigaku
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1997.9
ページ数 213, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4130633139
NCID BA32257248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98046492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想