手形法

水口吉藏 講述

[目次]

  • 手形法
  • 目次
  • 總論 / 1
  • 第一章 手形及手形法ノ歷史 / 23
  • 第二章 手形ノ意義 / 43
  • 第三章 手形ノ經濟的機能 / 57
  • 第四章 手形債務ノ本質 / 65
  • 第五章 手形行爲ノ主觀的要件 / 115
  • 第六章 手形證券ノ成立要件 / 134
  • 第七章 手形ノ振出 / 196
  • 第八章 手形ノ複本謄本及補箋 / 208
  • 第九章 手形ノ僞造及變造 / 233
  • 第十章 爲替手形ノ引受 / 243
  • 第十一章 手形權利及其移轉 / 267
  • 第十二章 手形ノ保證 / 336
  • 第十三章 手形權利者 / 351
  • 第十四章 手形ノ呈示 / 371
  • 第十五章 手形ノ支拂 / 385
  • 第十六章 手形取引ノ究迫狀態 / 398
  • 第十七章 拒絶證書 / 475
  • 第十八章 手形債權ノ時效 / 485
  • 第十九章 利得償還 / 489
  • 第二十章 手形上ノ請求及抗辯 / 501
  • 第二十一章 國際手形法規 / 513
  • 第二十二章 小切手 / 522

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 手形法
著作者等 水口 吉蔵
水口吉藏
書名ヨミ テガタホウ
書名別名 Tegataho
シリーズ名 [明治大學大正二年度法律科第三學年講義録]
出版元 明治大学出版部
刊行年月 [18--]
ページ数 542p
大きさ 22cm
NCID BN10790109
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21356085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想