<対話>のない社会 : 思いやりと優しさが圧殺するもの

中島義道 著

「何か質問は?」-教師が語りかけても沈黙を続ける学生たち。街中に溢れる「アアしましょう、コウしてはいけません」という放送・看板etc.なぜ、この国の人々は、個人同士が正面から向き合う「対話」を避けるのか?そしてかくも無意味で暴力的な言葉の氾濫に耐えているのか?著者は、日本的思いやり・優しさこそが、「対話」を妨げていると指摘。誰からも言葉を奪うことのない、風通しよい社会の実現を願って、現代日本の精神風土の「根」に迫った一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 沈黙する学生の群れ
  • 第2章 アアセヨ・コウセヨという言葉の氾濫
  • 第3章 「対話」とは何か
  • 第4章 「対話」の敵-優しさ・思いやり
  • 第5章 「対話」を圧殺する風土
  • 第6章 「対話」のある社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <対話>のない社会 : 思いやりと優しさが圧殺するもの
著作者等 中島 義道
書名ヨミ タイワ ノ ナイ シャカイ : オモイヤリ ト ヤサシサ ガ アッサツスル モノ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1997.11
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 456955847X
NCID BA33254278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98048368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想