日本橋界隈の問屋と街 : 江戸・明治・大正史

白石孝 著

下町再発見の書!失われゆく古きよき下町、失いたくない下町の文化に、著者長年の郷愁の思いを、貴重な資料を織込みながら、情趣豊かに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 プロローグ 日本橋界隈今昔-江戸・明治を偲びつつ
  • 2 江戸時代の問屋と街
  • 3 幕末・明治の変革の時代
  • 4 明治時代の問屋と街
  • 5 舶来物の時代と問屋
  • 6 エピローグ-発展と瓦解

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本橋界隈の問屋と街 : 江戸・明治・大正史
著作者等 和田 八束
白石 孝
書名ヨミ ニホンバシ カイワイ ノ トンヤ ト マチ : エド メイジ タイショウシ
書名別名 Nihonbashi kaiwai no ton'ya to machi
出版元 文眞堂
刊行年月 1997.7
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 4830942673
NCID BA31791582
BA45392596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98036628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想