最近の氣象學  第1集 (豫報技術の基礎)

高橋浩一郎 編

[目次]

  • 目次
  • 序文
  • 渦度方程式・渡邊次雄 / 1
  • §1 まえがき / 1
  • §2 渦度方程式の気象学的意味 / 2
  • §3 渦度方程式の用い方 / 7
  • §4 渦度方程式の変形 / 10
  • §5 あとがき / 13
  • 偏西風の波動・毛利圭太郞 / 14
  • §1 まえがき / 14
  • §2 RossbyによつてC=U-βL2/4π2なる式が導入されるまで / 15
  • §3 (1940-1946年)C=U-βL2/4π2の拡張およびその後の発展 / 20
  • §4 日本における諸研究 / 30
  • §5 (1946年以後)最近の諸研究 / 33
  • 最近の大氣大循環論・松本誠一 / 36
  • §1 対流循環 / 36
  • §2 南北循環 / 37
  • §3 地球回転の影響 / 39
  • §4 半球循環の三細胞 / 41
  • §5 偏西風の理論と実験 / 42
  • §6 偏西風帯のじよう乱 / 44
  • ブロツキング・渡辺次雄 飯田睦次郎 中村則行 / 49
  • §1 まえがき / 49
  • §2 ブロツキングとは何か / 52
  • §3 ブロツキングの構造 / 57
  • §4 ブロツキング作用指数 / 60
  • §5 二大ブロツキング高気圧 / 61
  • §6 ブロツキングの予報上の意義 / 64
  • §7 ブロツキングの力学 / 66
  • §8 あとがき / 69
  • 高低氣壓の垂直構造・毛利圭太郞 / 71
  • 上層大氣の解析法・渡邊次雄 / 78
  • §1 まえがき / 78
  • §2 高層天気図の型 / 79
  • §3 基本量の解析 / 81
  • §4 微分解析 / 83
  • §5 運動学的解析 / 85
  • §6 力学的解析 / 86
  • §7 気圧傾向および高度傾向 / 89
  • §8 ソレノイド / 92
  • §9 気団解析 / 95
  • §10 等位解析 / 100
  • §11 むすび / 107
  • 流跡法・渡辺次雄 飯田睦次郎 / 110
  • §1 まえがき / 110
  • §2 歴史 / 111
  • §3 CAV曲線のかき方 / 113
  • §4 CAV曲線と実際の流跡線との比較 / 121
  • §5 流跡法による予想天気図 / 134
  • §6 低気圧の発達 / 135
  • §7 流跡法による解析例 / 140
  • §8 流跡法の将來の問題 / 145
  • 週間豫報・高橋浩一郞 / 147
  • §1 週間予報 / 147
  • §2 広範囲天気図の解析 / 148
  • §3 高層天気図の解析(1) / 151
  • §4 高層天気図の解析(2) / 155
  • §5 気団解析 / 157
  • §6 週期分析 / 159
  • §7 天気変化の型 / 162
  • §8 類似天気図 / 165
  • §9 予報の総合 / 166
  • §10 週間予報の方法と基礎の考え / 170
  • §11 週間予報に関する諸法則 / 172
  • 天氣圖解析法・久米庸孝 / 177
  • §1 解析の時定綜觀性 / 177
  • §2 解析記号 / 179
  • §3 等圧線解析 / 183
  • §4 気団と前線 / 184
  • §5 追跡 / 194
  • §6 解析の手つづき / 197
  • §7 一般的注意 / 199
  • §8 解析と予報(付錄) / 205
  • §9 あとがき / 208

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 最近の氣象學
著作者等 高橋 浩一郎
書名ヨミ サイキン ノ キショウガク
書名別名 Saikin no kishogaku
巻冊次 第1集 (豫報技術の基礎)
出版元 気象協会
刊行年月 1951.4
ページ数 209p
大きさ 21cm
全国書誌番号
20834774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想