日本の女性風俗史

切畑健 編

わが国の女性の服飾は、時代ごとの影響を受けて様々な変容を遂げてきた。西域の香りを伝える奈良朝の豊かな色彩と文様表現、十二単の優雅な王朝美、室町時代の辻が花、絢爛豪華な桃山の装束、そして慶長・寛文小袖や友禅染に代表される、洗練された意匠と高度な技が織りなす江戸の女性美。昭和初期の染織技術の粋を尽くして忠実に復原された、これら各時代の装束を実際に着装した姿で紹介。美しい結髪の数々も時代考証に基づいて再現する、華麗な女性風俗絵巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古墳時代-織殿参進の織女
  • 奈良時代-歌垣
  • 平安時代-祭のころ
  • 鎌倉時代-物詣の女房
  • 室町時代-諸職の女たち
  • 桃山時代-醍醐の花見
  • 江戸時代前期-遊里の女たち
  • 江戸時代中期-小町踊り
  • 江戸時代後期-京女の晴着

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の女性風俗史
著作者等 切畑 健
書名ヨミ ニホン ノ ジョセイ フウゾクシ
書名別名 写真でみる日本の女性風俗史

Nihon no josei fuzokushi
シリーズ名 京都書院アーツコレクション 25 服飾 4
出版元 京都書院
刊行年月 1997.4
ページ数 255p
大きさ 15cm
ISBN 4763615254
NCID BA3116471X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98034955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想