建築のポエティクス

小林康夫 著

建築のフィールドワーク。徹底した「現場」からの思考が、社会的なもの、記憶、インファンス、身体、音楽、聖なるもの、イメージ、死…、さまざまな次元が交錯する場=空間へと、建築を解き放つ。建築はそこまで『詩学』と出会う…。D.リベスキンド、J.ヌーヴェルとの長時間対談を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 光‐世界の演出-安藤忠雄「光の教会」
  • 面が織りなす揺らぎの時間-ピーター・アイゼンマン「布谷東京ビル」
  • 流れゆく公共性の眼差し-槇文彦「TEPIA」
  • デザインのポリティクス-マリオ・ベリーニ「東京デザインセンター」
  • 革命のダイアグラム-荒川修作「養老天命反転地」
  • 力学的構造と共同性の風景-内藤広「海の博物館」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築のポエティクス
著作者等 小林 康夫
書名ヨミ ケンチク ノ ポエティクス
書名別名 Kenchiku no poetikusu
出版元 彰国社
刊行年月 1997.5
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 4395004504
NCID BA31183408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98034765
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想