鎖国と国際関係

中村質 編

鎖国は、日本に独自の国際関係をもたらした。中世末期から鎖国後の国際関係を、豊臣政権下の対外侵略や幕府の外交・宗教・貿易問題などとりあげ、多角的に解明。鎖国を新たな知見と視点より問い直し、その実態を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中世末期の国際関係
  • 第2章 統一権力と対外関係
  • 第3章 鎖国と東アジアの国際関係
  • 第4章 転換期の社会と貿易

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎖国と国際関係
著作者等 劉 序楓
中村 質
中野 等
五野井 隆史
佐伯 弘次
佐島 顕子
小宮 木代良
岩崎 義則
御厨 義道
永積 洋子
長 節子
高瀬 弘一郎
ルイス ジェイムス
バーチャー セイディー
書名ヨミ サコク ト コクサイ カンケイ
書名別名 Sakoku to kokusai kankei
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1997.8
ページ数 379p
大きさ 22cm
ISBN 4642036733
NCID BA31616403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98034712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想