帝国主義と世界の一体化

木谷勤 著

帝国主義とはなにか。かつてそれは十九世紀末から二十世紀前半の植民地獲得競争やそれをめぐる世界戦争をさした。今われわれはそれを十七世紀から今日まで続く資本主義の「世界システム」の中で見直そうとする。かつて帝国主義といえば資本輸出や独占資本主義を思いうかべた。われわれはむしろ人や物の移動による世界の一体化、それに伴うナショナリズムや人種差別によって広がった民族間の対立、人の心の亀裂の深さに注目する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 帝国主義とはなにか
  • 1 多彩な帝国主義理論
  • 2 パラダイムの転換
  • 3 グローバリゼーション
  • 4 労働力の大移動
  • 5 支配・差別・排除
  • 6 ヨーロッパの分裂と「周辺」民族主義のめざめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国主義と世界の一体化
著作者等 木谷 勤
書名ヨミ テイコク シュギ ト セカイ ノ イッタイカ
書名別名 Teikoku shugi to sekai no ittaika
シリーズ名 世界史リブレット 40
出版元 山川出版社
刊行年月 1997.8
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 4634344009
NCID BA3196556X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98034460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想