京都の赤レンガ : 近代化の遺産

日向進, 前久夫 編

近代「京都」建設の槌音が聞こえる。維新後の京都、西欧都市を手本として近代都市の建設が始まった。赤レンガの建物には先人たちの目指した"新しい京都"の残像が刻まれている-。京都とその周辺に残る近代化のモニュメント、赤レンガ建造物を豊富な写真と文で解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古都の開化
  • 第2章 ミッションスクールの赤レンガ
  • 第3章 三高・京大の赤レンガ
  • 第4章 港まいづる
  • 第5章 洛外おちこち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都の赤レンガ : 近代化の遺産
著作者等 前 久夫
日向 進
書名ヨミ キョウト ノ アカレンガ : キンダイカ ノ イサン
書名別名 Kyoto no akarenga
出版元 京都新聞社
刊行年月 1997.8
ページ数 231p
大きさ 19cm
ISBN 476380412X
NCID BA32034414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98031625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想