社会福祉のアセスメント : ケアプランを作成する前に

大野勇夫, 川上昌子, 高橋玖美子 共編

本書はケアマネジメントの過程の一つであるところのアセスメントの方法を提示するものである。ケアマネジメントとは、通常、対象者が抱える問題点を発見し、その相互関係について評価(アセスメント)し、援助の計画をたて、その結果をモニタリングし、再評価(リアセスメント)する過程であるとされる。アセスメントとはその過程の一環としての評価に当たることである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 社会福祉のアセスメントその総論(社会福祉の共通基盤-対象理解について
  • 社会福祉のアセスメントとは)
  • 第2部 アセスメントの方法と基礎知識(社会福祉のアセスメントの方法
  • アセスメント項目の意味
  • アセスメントに必要な基礎知識)
  • 第3部 アセスメントの援助業務(ワークショップのねらいとプログラム-ワークショップ体験を通して
  • 社会福祉のアセスメントはなぜ必要か-事例を通して
  • 座談会 社会福祉のアセスメントの活用方法
  • 日常業務に「社会福祉のアセスメント」をどう生かすか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会福祉のアセスメント : ケアプランを作成する前に
著作者等 大野 勇夫
川上 昌子
高橋 玖美子
書名ヨミ シャカイ フクシ ノ アセスメント : ケア プラン オ サクセイスル マエ ニ
書名別名 Shakai fukushi no asesumento
出版元 中央法規
刊行年月 1997.8
ページ数 177p
大きさ 26cm
ISBN 4805816228
NCID BA32201119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98031434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想