マッソン・ウルセル比較哲学

マッソン・ウルセル 著 ; 小林忠秀 訳 ; 末木剛博 監修

近代比較哲学をうちたてた名著をフランス語版原著から初めて完訳。第1次世界大戦直後、絶望の時代のなかで冷静に西洋文化を反省し、インド・中国を含む三大文化の思想を初めて対比研究、比較哲学のジャンルを創造した記念碑的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 哲学における実証性について
  • 比較の方法について
  • 類比という実証的概念
  • 環境という実証的概念
  • 真の批判的精神に関する比較研究
  • 比較哲学年表
  • 比較論理学
  • 比較形而上学
  • 比較心理学
  • 比較哲学教育のすすめ
  • 哲学比較年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マッソン・ウルセル比較哲学
著作者等 Masson-Oursel, Paul
小林 忠秀
末木 剛博
Masson‐Oursel P.
マッソン・ウルセル ポール
書名ヨミ マッソン ウルセル ヒカク テツガク
書名別名 La philosophie comparée

Masson uruseru hikaku tetsugaku
出版元 法藏館
刊行年月 1997.6
ページ数 232p
大きさ 22cm
ISBN 4831872229
NCID BA31755567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98025306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想