哄笑の思想

杉浦明平 著

[目次]

  • I
  • 百姓の歌 / 9
  • キャベツの半年 / 10
  • 渥美の農業一九六一年 / 17
  • 渥美の農業一九六二年秋 / 26
  • パイロット地区のなげき / 35
  • 風吹けばお百姓がモウかる / 45
  • 〝村のために〟 / 60
  • ナフタリン地方文化論 / 64
  • 農民とテレビ / 70
  • 農民と選挙 / 74
  • 農民と国家 / 83
  • 地方分権のねがい / 87
  • 堕落する観光 / 90
  • 農家の結婚難 / 94
  • 地方生活者の感想 / 98
  • II
  • 老人支配の日本的現実 / 111
  • 〝日本への回帰〟への疑問 / 126
  • 毛沢東主席への親書 / 145
  • 日本都市文化論 / 168
  • III
  • 論争における魯迅 / 179
  • 幸福な日本共産党 / 194
  • パステルナークと「ジバゴ」 / 196
  • 背信論新説 / 214
  • 雑談風な文学論 / 218
  • 政治の汚れと証言としての文学 / 251
  • ドストエフスキイと現代 / 270
  • 現代の証言者・田中英光 / 277
  • IV
  • 岡谷 / 285
  • 浜松 / 294
  • 吉野川 / 302
  • 米沢 / 315
  • 金沢大学 / 324
  • 東京学生会館騒動 / 333
  • あとがき / 351

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 哄笑の思想
著作者等 杉浦 明平
書名ヨミ コウショウ ノ シソウ
出版元 講談社
刊行年月 1966
ページ数 352p
大きさ 20cm
NCID BN05837724
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66004280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想