エッフェル塔

ロラン・バルト 著 ; 宗左近, 諸田和治 訳

1889年のパリ万博のために建造されて百年余り-パリのどこからでも見られ、世界一有名な塔であるエッフェル塔。この既知の塔から「記号」と「表徴」をつむぎだし、あらゆる時代と空間から、そしてあらゆる存在から、この鉄の塔を読み解き、変貌させ、創造力のなかを滑空させる。バルト独自の構造主義的思考の原点と軌跡を明晰に示すエクリチュールの美しく豊潤なモニュメント。エッフェル塔の図版資料とバルト論「ロラン・バルト-意味の解体と創造」「ロラン・バルトの彼方」を併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • エッフェル塔
  • ロラン・バルト-意味の解体と創造(諸田和治)
  • ロラン・バルトの彼方へ(宗左近)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エッフェル塔
著作者等 Barthes, Roland
伊藤 俊治
宗 左近
諸田 和治
バルト ロラン
書名ヨミ エッフェルトウ
書名別名 La Tour Eiffel

Etsuferuto
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.6
ページ数 220p
大きさ 15cm
ISBN 4480083472
NCID BA31821967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98024083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想