失業者 : カンテラは消えず

日本炭鉱労働組合九州地方本部, 九州産業労働科学研究所 編

附録: 中小炭鉱失業者の生活実態調査票

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p1
  • 第一部 炭鉱はするどい危機のさなかにある / p17
  • I 石炭はなぜ売れなくなったか / p18
  • (一) 戦争経済が破綻した / p18
  • (二) 石炭をおびやかす電力・重油・輸入炭 / p20
  • (三) いわゆる「高炭価」問題の実質 / p22
  • II 中小炭鉱の立場には矛盾がある / p24
  • (一) 中小炭鉱がなければ独占はやって行けない / p24
  • (二) 中小炭鉱は独占におしつぶされる / p32
  • III 恐慌と炭鉱労働者 / p36
  • (一) 恐慌下の中小炭鉱労働者の状態 / p36
  • (二) 大手炭鉱では搾取が強化される / p41
  • IV 石炭合理化法の問題点 / p44
  • (一) 独占の強化によって中小炭鉱の転落が促進される / p45
  • (二) 炭価はほんとうに下るか / p48
  • (三) 合理化法と労働者 / p50
  • V 要約--結びにかえて / p55
  • 第二部 中小炭鉱失業者の職歴と生活(一)--一般調査・八一五世帯の分析-- / p57
  • I 調査の対象と方法 / p58
  • (一) 調査の対象 / p58
  • (二) 調査の方法など / p64
  • II 中小炭鉱労働者の性格 / p67
  • (一) 中小炭鉱は失業者の溜り場である / p67
  • (二) 大手炭鉱労働者とどこがちがうか / p72
  • III 中小炭鉱失業者はどのようにしてヤマを追われたか / p75
  • (一) 閉山寸前のヤマの表情 / p75
  • (二) 圧倒的に多い休廃山と企業整備による解雇 / p77
  • (三) 労働者は犬猫のようにヤマを追われた / p79
  • IV 中小炭鉱の失業者はどのように流動しているか / p87
  • (一) 出身県に帰る人は少く、「帰農」の条件はとぼしい / p87
  • (二) 再就業した人はどんな仕事についているか / p89
  • (三) 再就業先における労働条件はどんなものか / p91
  • (四) 完全不就業者はどういう理由で働いていないのか / p99
  • (五) 中小炭鉱失業者の流動系統図 / p101
  • V 中小炭鉱失業者の家族はどういう仕事についているか / p104
  • (一) 家族の就労先は / p105
  • (二) 家族の就労者はどのくらいの収入をえているか / p111
  • VI 中小炭鉱失業者の生活状態 / p114
  • (一) 生活実態を報告するにあたって / p114
  • (二) 食生活 / p117
  • (三) すまいと家具 / p127
  • (四) 衣料・ふとん・雨傘など / p133
  • (五) 飲料水・風呂・燃料 / p139
  • (六) 新聞・ラジオ・映画 / p143
  • (七) 借金と質 / p144
  • (八) 子供と教育の問題 / p149
  • (九) 健康と医療の問題 / p152
  • (一〇) とくに生活保護世帯の生活について / p156
  • 結び / p159
  • 第三部 中小炭鉱失業者の職歴と生活(二)--典型調査・一八人の炭鉱失業者-- / p161
  • 1 かつての模範坑夫・上田信吉さん--嘉穂郡二瀬町相田-- / p162
  • 2 父子二代の災害の犧牲者・佐々政人さん--鞍手郡木屋瀬町金剛-- / p169
  • 3 炭鉱生えぬきの一家・森下稔さん--佐賀県東松浦郡厳木町-- / p176
  • 4 往年の反逆の子〝バラ政〟・北島政夫さん--嘉穂郡二瀬町相田-- / p182
  • 5 絕望を知らないヤマの一主婦・大神ヨネさん--嘉穂郡二瀬町相田-- / p188
  • 6 戦争未亡人はここにもいる・南川そねさん--田川市西区弓削田-- / p194
  • 7 ヤマからヤマへ「渡って」きた・吉田源太さん--佐賀県東松浦郡厳木町-- / p196
  • 8 何が彼らをそうさせたか・藤木幸男さん--嘉穂郡頴田村小峠-- / p202
  • 9 働いていて「生活保護」者以下の生活・平井次郎さん--嘉穂郡頴田村小峠-- / p209
  • 10 零細鉱炭労働者の典型・築田正一さん--鞍手郡木屋瀬町金岡-- / p212
  • 11 前借にしばられる・河本純さん--嘉穂郡頴田村小峠-- / p219
  • 12 四人の子をかかえたヤモメ・加藤秋一さん--嘉穂郡頴田村小峠-- / p225
  • 13 身売りした妻を探して・大江喜平さん--田川郡金田町-- / p231
  • 14 夜逃げの腕利き採炭夫・佐原辰次郎さん--田川市西区弓削田-- / p233
  • 15 病弱の家族かかえて・清川丑之助さん--田川市西区弓削田-- / p236
  • 16 一日七〇円で三人暮し・松岡一夫さん--田川市西区弓削田-- / p239
  • 17 乞食同様の生活状態・富田信夫さん--田川市西区弓削田-- / p242
  • 18 頼みのつなが肺病患者・前谷誠さん--田川市金田町-- / p244
  • 第四部 中小炭鉱失業者の組織と闘争 / p247
  • I 炭鉱失業者の組織化をささえたもの / p248
  • (一) 国民的な規模での救援活動 / p249
  • (二) 医療班による組織活動 / p252
  • (三) 組織労働者の指導と協力 / p253
  • II 「嘉飯地区失業者組合」とそのたたかい / p255
  • (一) 組織工作はどうすすめられたか / p255
  • (二) たたかいの歴史 / p259
  • (三) 失業者組合のぶつかっている壁 / p267
  • III 「田川地区生活防衛会議」とそのたたかい / p269
  • (一) 「自主的」な組織の発展 / p270
  • (二) 「田川地区生活防衛会議」の結成 / p280
  • (三) 「防衛会議」のたたかいはどうすすんでいるか / p282
  • IV 展望--限りなき前進-- / p298
  • あとがき / p301
  • 附録・中小炭鉱失業者の生活実態調査票 / p303

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 失業者 : カンテラは消えず
著作者等 九州産業労働科学研究所
日本炭鉱労働組合
日本炭鉱労働組合九州地方本部
書名ヨミ シツギョウシャ : カンテラ ワ キエズ
書名別名 Shitsugyosha
出版元 五月書房
刊行年月 1955
ページ数 313p (附録共) 図版
大きさ 19cm
NCID BN09041385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56003265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想